ブログトップ

続・スイング改造日記

kitijiku.exblog.jp

新たに左一軸ゴルフスイングを目指すおっさんブログです

現在の取り組み

本編はこちら ゴルフスイング改造日記でブログ書いてます。

最近、気になる三大テーマ


テイクバックの始動

『キネティックチェーン』の動きを活用

スポーツでは脚の力を腕に伝える時にこのキネティックチェーンの連動を上手く使う事ができる人ほど優れたパフォーマンスが出来るのです。一流選手は総じてこのキネティックチェーンの使い方が上手いのです。スポーツ選手のカラダはカッコ良い、またキレイですよね。

d0285327_23244992.jpg


スクエアスイングでのキネティックチェーン
「左足に軸のあるアドレスから左ひざと左肩が初動し体幹の右回旋からトップへ。
左サイドの上半身がトップで残ったまま、下半身は左ひざから切り返しの状態になり(上半身と下半身の切り離し)、次第に右サイドが動いていきます。左足の軸が決まり地面からの反力を得ることができた瞬間から体幹はもとに巻き戻される動きを始めます。
左腕が地面と平行になった頃から右上半身がパワーを出し始め、インパクト直前にやっと右手がクラブとボールを押すように動きます」
最終段階で「インパクトの直前から右手を押す」というイメージが正しくキネティックチェーンが行われた指標のひとつになると思います。ただし、「右手を押す」であって、決してインパクトで「右手のコックを戻す」や「スナップ」ではありません。圧力でスイングするイメージです。

おおにし整骨院 医院長のブログより



『トップの位置』

トップは、効率的にインパクトを迎える大切なポジションであるはず。
ヘッドが最短距離でインパクトゾーンまで動けるポジション作りが必要で、その動きを妨げないシャフトの角度があるはずです。

『股関節の使い方』

股関節を適切に動かせるポジションは、前傾を作る股関節から曲げることが重要。
すると、骨盤に背骨が垂直にたったポジションになるはずです。

動かし方のイメージ

1.クラブを持たずにアドレスをとる
2.スタンスの真ん中に滑車があり、その滑車を通しロープを左右の手で持つ
3.これで、左膝を曲げると左肩が下がり、右肩が上がる

今は、こんなイメージが有効に感じる。
[PR]
by w-kazukun | 2013-01-24 06:39 | メモ