ブログトップ

続・スイング改造日記

kitijiku.exblog.jp

新たに左一軸ゴルフスイングを目指すおっさんブログです

<   2013年 03月 ( 1 )   > この月の画像一覧

上腕と胸の位置関係を維持

アドレスは腰を曲げずに上腕を胸に乗せる動作から作り始める。
両腕は軽く伸ばし、静かに胸の上に乗せる。
これで、腕の脱力感を作る

これを怠ると、スイングが安定しない事をラウンドで体感できた。


股関節と上半身の連動

股関節から前傾し、左膝を曲げるながらテイクバック開始。
この動きで、左大腿骨が股関節に対し外旋、右股関節は内旋する。

『上半身は、骨盤の動きによって回旋し始め、左肩を下げる事で、胸骨の回旋を助ける』。
ここは、まだまだイメージの世界。

アドレスで出来た、腰の左右端部と左右の肩を結ぶ四角形を崩さないイメージ。

頭は、宙に浮かんでいるイメージで首に力を入れない。


上半身の制御

背筋伸ばし、高い位置をキープ。
特にフェアウエーバンカーでは有効だった。
但し、ラウンドでは右に飛び出す傾向が見られた。

顔の角度が、上半身の回旋に影響を及ぼす

一旦アドレスで構えたら、そのまま目標方向に顔を向け、首が一番回りやすい角度をキープしてアドレスに戻す。
これが出来ないと、首周りに余分な緊張が起こり無駄なみに繋がる。
また、頭が宙に浮かなくなる。

上半身と下半身の切り離し
これが自分では出来ていない。
膝を意識するとぎこちない。
左股関節を更に折り曲げる動作が、今のところベストかな。


やっと完成 グリーンメモ帳

コースレイアウトとグリーンメモが一度の見えるように作ってみました。

d0285327_82198.jpg





d0285327_82361.jpg

何とか、パット数が減らばイイのですが。
[PR]
by w-kazukun | 2013-03-23 07:54 | メモ